mokomoko

PDAと単車が大好きな鶴丸が送る日々の出来事など・・・

<<帰ります  | ホーム | タイトルなし>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし 

2006.01.07

200601071712152
20060107171215
到着
スポンサーサイト

コメント

 

奉神門(ほうしんもん)
 「神をうやまう門」という意味で、首里城正殿のある「御庭(うなー)」へ入る最後の門である。1562年には石造欄干(せきぞうらんかん)が完成したという記録があることから創建はそれ以前である。その後1754年に中国の制に倣い改修した。建物は明治末期頃に撤去されたが、1992年(平成4)に外観が復元された。現在は公園管理のための施設として利用されている。別名「君誇御門(きみほこりうじょう)」ともいう。向かって左側(北側)は「納殿(なでん)」で薬類・茶・煙草等の出納を取り扱う部屋、右側(南側)は「君誇(きみほこり)」で城内の儀式のとき等に使われた。
 3つの門のうち中央は国王や中国からの冊封使(さっぽうし)等限られた身分の高い人だけが通れる門である。それ以外の役人は両側の門から入城した。

 

御庭(うなー)
 「御庭(うなー)」は首里城の中心部である。正面が「正殿」、向かって右(南側)が「南殿・番所(なんでん・ばんどころ)」、左(北側)が「北殿(ほくでん)」で、これらに囲まれた中庭広場の空間を「御庭」という。年間を通じて様々な儀式が行われた広場である。御庭には磚(せん)【敷き瓦】というタイル状のものが敷かれているが、この色違いの列は、儀式のさいに諸官が位の順に立ち並ぶ目印の役割をもっていた。中央の道を「浮道(うきみち)」といい、国王や中国皇帝の使者【冊封使(さっぽうし)】等限られた人だけが通ることを許された。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mokomokodai.blog35.fc2.com/tb.php/207-cad0769a

 | HOME | 

ブログ内検索
プロフィール

鶴丸

Author:鶴丸
mokomokoにようこそ(^^♪
コメント頂けると嬉しいです。

メールはこちらまで♪

mokomokoturumaruアットマークgmail.com


カタカナのアットマークを@に変更して下さいね♪




track feed
mokomoko




管理画面
mokoNSBasicPalm
wiki
Muchy(長い間ありがとうございました)
Palmware Stockyard
WithPalm
私の本棚
□□□□□□□□□□□
私の好きな曲を集めましたので、良かったらBGMとして!!聴いて下さいませ!

□□□□□□□□□□□
鶴丸は、昔ここに住んでいました。



□□□□□□□□□□□

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。